シアリスを購入するなら個人輸入が便利!

シアリスは市販されてる?

貨物船

残念ながらシアリスは医薬品ですので、薬局やドラッグストアでは市販されていません。

しかし、だからといって医師に処方してもらう以外に購入する手段がないわけではありません。

海外メーカーの薬や化粧品といった医薬品の中には、日本で市販されてない品物もあります。

海外で合法的に手に入れられるものなのに、なぜ市販されてないのかというと、その理由は国ごとに人種や環境、流行する病気などが違うので、日本では国内の状況に合わせて試験を行い、消費者が使用しても安全かどうか、効き目があるのかといったことを確認しているのです。

とはいえ、市販されてない医薬品には、日本で市販されている薬では解決できない病気の治療薬などもあります。

そういった悩みを解決するためには、試験を通過して市販されるように待つ時間はありません。

そうなれば、一刻も早く未認可の医薬品を手に入れる方法として「個人輸入」をするということがあります。

物価が安い国、特許が切れた医薬品などであれば、安く手に入るというメリットもあります。

個人輸入とは

個人輸入とは、ネット通販で国外の商品を購入して入手することを言います。

海外の通販会社や小売店から直接注文する方法と、輸入代行業者を通して注文する方法などがあります。

輸送方法もいくつかあり、国際宅急便、国際郵便を利用したり、船や航空便を利用する方法があります。

日本では手に入らないものや、販売されている国での価格で購入することができるというメリットなどがあります。

ただ、個人輸入では商品が破損していたり、サイズが違う場合もあるため、信頼できる所から購入する必要があります。

日本に輸入してはダメなものもあるので、そちらを輸入してしまうと違法となる場合もあるため、その点は注意したほうが良いでしょう。

英語で文面が記載されていることもあるので、ある程度の英語を読む力は必要となっていきます。

個人輸入のメリット・デメリット

個人輸入を行うことによっていくつかのメリット・デメリットが存在するため、個人輸入を検討している方は、そちらを把握しておきましょう。

まずメリットとしては、日本では販売されていない商品を入手することができるという点です。

また、日本の円の価値も変化するため、円高の次期には海外から輸入したほうが安く商品を手に入れられる場合もあります。

デメリットとしては、海外から発送するため、商品を受け取るまでに時間がかかります。

発送する送料も高くなり、商品も写真でしか確認することができないため、サイズ違いなどの問題が発生する可能性があります。

薬を購入する際にも、日本のものよりも効果が高いものが多く、副作用のリスクも高まってしまいます。

ページTOP