タドラの効果は?副作用は?お薬紹介

タドラとは

ED治療薬タドラ

タドラとは勃起不全に悩んでいる人に使われる薬です。

同様の効果が期待できるシアリスという薬のジェネリックとして開発されました。

そのため初めに先発薬に比べればかなり安価で手に入れることが可能です。

勃起の力を強くすると言われているため、性交渉時にいわゆる中折れといったことになる場合や、繰り返し楽しみたいなどといった時に使用してみると良いでしょう。

人にもよるのですが、服用してから大体一から四時間で効果が現れます。

そして肝心の持続力ですが、三十六時間程度です。

ただし、飲めば勝手に勃起するというものではなく、視覚的に、あるいは性的な刺激があって体に反応が起こるものだということを頭に入れておかなければなりません。

タドラの効果

タドラはED治療薬のシアリスのジェネリック薬ですので、シアリスと同様にED治療効果があります。

ジェネリック薬は、先発薬と成分が違う場合が多いのですが、このタドラは先発薬と同じ成分で、製造方法が違います。

これは製造元のインドの法律と日本やアメリカの法律とジェネリック薬の捉え方が違うからです。

効果は先発薬のシアリスと同じ成分である事が大きくてほとんど同等です。

薬を服用後に4時間以内で勃起サポート効果が現れます。

この効果は最大36時間継続します。

シアリスジェネリックはいくつかありますが、一番良いと言われています。

効果をより高く発揮させる為には、アルコールを飲み過ぎない事です。

暴飲暴食にも注意する事が大切です。

タドラの副作用

タドラはシアリスののジェネリックでEDの治療薬です。

薬の効果としては高いですが、以下の副作用についても注意が必要です。

頭痛、体のほてり、鼻詰まり、動機などがります。

但し副作用は体質や体格、服用した分量により異なるので全ての人が副作用症状が起きる訳ではありません。

また、次のような症状や病気がある人も注意必要です。

高血圧の人、低血圧の人、硝酸剤やニトログリセリンを服用している人、脳梗塞や脳出血、盲目色質変性症、心筋梗塞の既往歴が最近6ヶ月以内にある人などです。

また、アルコールやグレープフルーツは薬の効果に悪影響があるため摂取は控えます。

補足として食後の服用はあまりタドラの効果がないので、空腹時に服用し間隔は24時間以上空けます。

ページTOP